デザイン制作と管理業務の両立

業務でデザイン制作をしていると、どうしてもデザインの管理が煩雑になりがちです。

この時作ったデザインはどのようなものだったか、後から見直したいときにすぐに探せないことが多々あるでしょう。

パンフレットのデザイン情報選びはインターネットで行う時代です。

わたしは送料込みのオンデマンド印刷に出会って人生が変わりました。業務でのデザイン制作を効率よく行うには、やはりそれなりのインフラ整備とその活用が欠かせません。



ファイルを一元的に保存するためのファイルサーバやバージョン管理サーバ、それらを接続する回線やスイッチ、ルータなど、社内ネットワークを見直し、最高のパフォーマンスを提供することがデザイナの業務効率をも最高にするのです。


もし、社内インフラに弱い所があるのならばそこの改善を検討し、業務の効率化に乗り出してみてはいかがでしょうか。



業務用インフラの良し悪しは、信頼性に関わるところは別としても、基本的にはスペックや数字よりも利用者の使い勝手にあります。
ですから、インフラのリプレースは基本的に利用者にヒアリングを行った上でするべきです。
そしてもし何らかの不満を抱えているならば、その不満から技術的な解決策とリプレースする機器類をピックアップするのがネットワーク管理者、システム管理者の仕事となります。

ネットワークとはどこかの回線や機器が弱かったり遅い規格にしか対応していなかったりすると、ネットワーク全体がその一番遅い箇所の速度に合わせられてしまいます。これをボトルネックと言います。利用者がネットワーク利用の際に何かしら不満を持っているとわかったら、ボトルネックになっている箇所を探し出し、リプレースなど適切な処置を行う事が必要です。

デザインに関するファイルは画像ファイルを含んだり色をきちんと表現するために付加情報が多いなど、ファイルサイズが大きくなりがちです。


映像制作の求人の情報ならこちらを参考にしてください。

そのため、ネットワークの速度が遅かったり、古い機器がエラーを頻発していたりすると業務効率が落ち込みます。

結婚式のビデオの特徴をご紹介する情報です。

きちんと社内インフラを整備し、デザイナにはデザイン制作に没頭してもらえるような環境づくりをしましょう。

http://www.shintaku-kyokai.or.jp/data/data04panfu.html
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000029569
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/seisaku/seisaku2-1.html